2018年03月03日

漢文がすらすら読めるようになる方法

illustrain02-study06.png
古文漢文は、中高生の悩みのようですね。でも、ちょっとやり方を変えたら、すらすら読めるようになる、と聞くと、その方法をやってみたくなりませんか?
実は、英語のヒアリング得意になる方法と同じなんです。
痛みを伴うけれど、確実に進歩する方法。
それは…
超レベルを上げた勉強をしろ!

高飛び込みをするとき、低い飛び込み台が怖かったら、高い飛び込み台を思い切ってやってからしてみろ!といいますよね?(言わない? 昨日、算数の某先生から聞いたネタです。)
英語のヒアリングは、1.5倍から2倍で聞く練習をしてから、1倍速にすると「聞き取れる!」ってなりますよね。(これはやっている高校生多し!)

漢文は、白文、漢字だけで読めばいいのです。返り点も送り仮名もなしに読む練習をします。
そんなことできない、というのは、基礎を知らないから。

そもそも返り点とか送り仮名って何でしょう?
漢文が日本に輸入された当時〜平安時代くらいまで、漢文は「中国語」として、そのまま読みます。でも、それって勉強の進んだ人でなければできない。
英語でも、英語の上にカタカナがふってあったり、言葉の意味が書いてあったりしますよね。
それが返り点や送り仮名。送り仮名が付くと、なんとなくなんと読むか、どんな意味か予測がつくでしょう?

雨降を「あめ ふる」と読んでも「あめ ふれり」と読んでもいいのですが、活用がなく時制が分かりにくい中国語を正しく理解するには、「降ル」とか「降レリ」とかついていると、断然分かりやすい。
これが送り仮名。多少の間違いや違いを気にせずに、しっかりと意味を抑えると「雨降」の読みが分かるわけです。

その送り仮名や読み方を分かりやすくするために生まれたのが、返り点。
主語の次に動詞(述語)が来ます。
修飾語や否定語(不・無)は否定したい語の上に、目的語(〜ヲ、〜ニ、〜ト)は動詞の下(「観花」→はなをみる)。こんな少しのルールを覚えてから、
助動詞的な漢字や、特殊な構文や漢字の意味を覚えていく。
古典文法を知っていたら、さらに最高。送り仮名の活用形が分かってくるから。
これらの基本を覚えるのに必要な時間はだいたい30分から1時間。
構文を覚えるのに必要なのは4時間くらい。
これで、漢文を白文で読めちゃいます。

そうしたら、学校の試験対策で勉強するときに、まず本文を漢字だけで写して、コピーを2〜3枚とって、
ひたすら、自分で返り点と送り仮名をつける!

晏子為斉相。出、其御之妻、従門間 而闚其夫。
あんし、さいしょうになる。いづるに、そのぎょのつま、もんかんよりして そのおっとをうかがふ。

と漢字だけで、読めればいいのです。

つまり、超ハードなものを自分に課す。
すると、どの生徒も「試験の漢文はすらすら読めちゃった!」とすごく簡単に感じ、かつイージーミスもしない。

動詞を蛍光ペンなどで色付けすると、ハードさが少し和らいで、感覚がつかめてきますよ。
posted by るみ先生 at 23:31| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: