2016年01月31日

受験、終盤戦

近畿の中学入試はひと段落しました。
東京の受験組と一部の近畿の中学、そして高校受験と大学受験が残っています。

常々、思うのですが、結果は実力とかけ離れたものではありえないとはいえ、実力通りのものとも言い難い。だから、結果に一喜一憂するのは仕方がないとはいえ、気にしすぎるのも「ちっちゃい!ちっちゃい!」
努力したことも学力を上げたことも、試験に対して向き合ったことも。すべて、結果次第で消えたり現れたりするものではありません。全部その人の中に残っています。中学受験の場合、それをサポートした親御さんの中にも。

合格したのなら、次はその中でどう取り組むか。公立中学以外、似たような子どもの集まりです。志望通りの学校であっても、そうでなくても、その中でまた新しい取り組みが始まります。学校の方針を自分にどううまく活用するのか、そしてその中で自分がどう変わっていくのか、とても楽しみですね。

ちなみに、松桜塾は受験終了・進学と同時に辞める人もいますが、最近ではやや少数派。できるだけ継続する人が多いようで、受験修了の翌週にも小6生がたくさん来たのには、私も驚きました。
(先生)「しばらく勉強したくないんじゃないの? 休憩してもいいのよ?」
(生徒)「いやー、ここの勉強はしとかないと。」
(生徒)「え、受験用の勉強じゃなくて、いつもの勉強に戻るんでしょ? したくって受験が終わるの待ってたの」
(生徒)「え、松桜塾って塾なの?(おいっ!)」
みんな塾が大好きなようで。
というわけで、みんなの期待に応えて、受験で止まっていたプログラムの再開や新しい単元・スキル・本を用意して待ってます。
いやー、ほんとに、勉強しているのに、みんなイキイキしています。ストレスだったんですねぇ。



posted by るみ先生 at 19:16| Comment(0) | 塾長のつぶやき

2015年11月06日

懇談→研修→入試

懇談が一通り終わりまして、現在は意見の集約とフィードバック、講師間での共有を進めています。
さらに、どうすればよりよく教えられるか、どうすれば個別のニーズにベストに応えられるか、こんなことを考えながら、現在は研修・セミナー・勉強会の日々。11月って、なぜか講演会なんかも多いんですよね。

そこで決まって語られるフレーズがあります。
「現在は、明治維新以来の時代の変革期である」
確かに。
5年前は普通でなかったことが普通になり、また変革のスピードは加速している。
ネット上で話題になりましたが、「2020年になくなる職業」予想は、現実に起こっている変革・イノベーションと合わせると信憑性も高い。
日本の大学改革の一環として入試改革も行われますが、その内容もかなり刺激的。CBT-IRTのシステムを聞いた時には、若干クラクラしました。
複合型と総合型の学習システムは、オランダやアメリカの一部の私立学校のシステムを見たこともあって、私にはとてもまっとうな発想に思え受け入れやすいですが、他の人にはどうでしょうね。
今の学習システムで「よい」成績を収めたり、今までの学習方法で「よい偏差」を生んできたということが、同じように高い価値評価を受け続けるかどうかは分からなくなりました。
とはいえ、新しい時代と新しい価値にはわくわくする気持ちを抑えきれません。
先述したなくなる職業の代わりに、新しい職業が生まれてきて、子どもたちは親世代の考えたこともない知らない職業に就きます。
どんな時代になろうとも、自分で考え、自分で知識や技術を習得し、そこから新たな価値を創造する子どもにしておくことが、何よりも大切です。

先日、6年生の中学受験を受けるという男の子と入試の演習をしました。その文章は「青春の在り方」という難解なもので、使われている語句も言い回しも少し古くて12才の子供にはまだ厳しかったと思います。
しかし、ゆっくりと読み解くと、真の人間になるために、貴重な青春期を好きなことも思いっきりしながら、自分の人格を鍛えるためのことも忘れないようにという内容が理解できました。その時、その男の子は顔を上げ「これ、今読んでおいてよかったわ。オレ、いやなことからは逃げがちやから」と私に伝えてくれました。
読書創造って、こういうことだよね、これは入試でもなんでもやり方次第で可能だな、そして、点数以上に大切なことだな、と感心しました。
読解力って、すべての基本。読み、解釈する力がなかったら、先の勉強が何もできない。自分をよくする方法も見えてこない。

教育はある種与えられるものですから、子どもの育ち方に大人は責任があります。
冷静に、でも、前向きに、学力をつけていきましょう♪

まず、読書ですよ。

posted by るみ先生 at 10:00| Comment(0) | 塾長のつぶやき

2015年09月24日

復旧?

なぜか、ログインできなくなっていたブログ入力画面が、なんとか入れるようになりました。
というわけで、ちょこちょこ更新かけていこうと思います。

夏休み、過去最高に忙しかった、と毎年言えることは幸せですね。
秋に入り忙しさは一息ですか、とよく聞かれますが、次のニュースレターを書いたり、いろいろなシステムの導入とか、検討しています。
ですが、それ以上に大切なのは来週から始まる懇談ウィーク。毎回好評なので、今年からは春と秋とに二度行います。国語の話ももちろんですが、家庭学習の方法やプラン、塾や他の習い事との比率など、時間をたっぷりとって(塾としては破格の一時間枠! もちろん、15分〜30分と、ご希望により早く終わることもありますよ)じっくり悩みに取り組みます。
そんなに話すことが? と最初は私も思っていました。でも、普段から懇談や面談ご希望の保護者の方とお話すると、まあ、近況と将来展望以外にもいろんな話が出てきて、質問もあって、だいたい1時間程度になるのです。エニアグラムの研究者のはしくれとして言える、その子の性格にあった勉強方法や声かけや対応方法、そして長年の塾業界にいた経験からの塾選びと利用方法、学校の様子や問題点、とにかく話がたくさんあるのです。
もちろん、リクエストも伺います。こうしてほしい、とか、ああしてほしいとか、可能なものは検討事項に入れていきます。
あと、本好きのお母さんと本の話になることも。読書感想文のコース担当でずいぶん読んだので、今年も面白い話題が出そうです。

長く来てくださっている生徒さん、そうでない生徒さん、しばらく間をあけてから来てくださった生徒さん、確かなことは、少しずつちゃんと全員成長しているということ。そして、ある成果を出すまでに、一定の時間が必要で、待つ必要もあること。本当の成長は精神的な成長とリンクしているから。
「待つ」せっかちの私には時々課題ともなる言葉です。でも、方向性が分かっていれば、待ちやすい。

というわけで、来週から懇談が始まりますが、ご来塾の保護者の皆さま、よろしくおねがいします。
楽しく話しましょう。

posted by るみ先生 at 16:29| Comment(0) | 塾長のつぶやき