2015年09月24日

復旧?

なぜか、ログインできなくなっていたブログ入力画面が、なんとか入れるようになりました。
というわけで、ちょこちょこ更新かけていこうと思います。

夏休み、過去最高に忙しかった、と毎年言えることは幸せですね。
秋に入り忙しさは一息ですか、とよく聞かれますが、次のニュースレターを書いたり、いろいろなシステムの導入とか、検討しています。
ですが、それ以上に大切なのは来週から始まる懇談ウィーク。毎回好評なので、今年からは春と秋とに二度行います。国語の話ももちろんですが、家庭学習の方法やプラン、塾や他の習い事との比率など、時間をたっぷりとって(塾としては破格の一時間枠! もちろん、15分〜30分と、ご希望により早く終わることもありますよ)じっくり悩みに取り組みます。
そんなに話すことが? と最初は私も思っていました。でも、普段から懇談や面談ご希望の保護者の方とお話すると、まあ、近況と将来展望以外にもいろんな話が出てきて、質問もあって、だいたい1時間程度になるのです。エニアグラムの研究者のはしくれとして言える、その子の性格にあった勉強方法や声かけや対応方法、そして長年の塾業界にいた経験からの塾選びと利用方法、学校の様子や問題点、とにかく話がたくさんあるのです。
もちろん、リクエストも伺います。こうしてほしい、とか、ああしてほしいとか、可能なものは検討事項に入れていきます。
あと、本好きのお母さんと本の話になることも。読書感想文のコース担当でずいぶん読んだので、今年も面白い話題が出そうです。

長く来てくださっている生徒さん、そうでない生徒さん、しばらく間をあけてから来てくださった生徒さん、確かなことは、少しずつちゃんと全員成長しているということ。そして、ある成果を出すまでに、一定の時間が必要で、待つ必要もあること。本当の成長は精神的な成長とリンクしているから。
「待つ」せっかちの私には時々課題ともなる言葉です。でも、方向性が分かっていれば、待ちやすい。

というわけで、来週から懇談が始まりますが、ご来塾の保護者の皆さま、よろしくおねがいします。
楽しく話しましょう。

posted by るみ先生 at 16:29| Comment(0) | 塾長のつぶやき

2015年01月27日

受験プランニング

ブログ更新が飛んでしまいました。下書き段階で投稿するのを忘れているものもあったりするのですが、それはともかく
新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

中学受験はいろいろと予想外のこともあり、バタバタとしてしまいした。しかし、全体的にはみなさん国語で点数を稼いできてくれ、おおむね希望通りの進学を果たせました。ほっとしました。

さて、先日、そうした受験をどうのりきるか。これからの受験生のための塾内でのイベント、『「受験プランニング」と「塾選び」』、参加者の方からは「目からウロコだった」などと好評で、本当に嬉しい限りです。
その延長線上で高羽六甲アイランド小学校での講演も一部担当させていただきましたが、これも質疑応答まで熱心に聞いていただけましたので、本当にありがたかったです。

実は、このイベントをするにあたり、かなりの数の書籍やwebは発表から、データ分析を行いました。昨年、行動経済学という学問の存在を知り、数値の分析から何が見えてくるかという手法を知って応用したのです。
各大学の合格者数とその出身分布、こまかい学校名は分からなくても、男女比率や出身地でいろいろなことが分かります。また、塾それぞれの授業時間と授業料、そして生徒数の概算、合格者数、そうしたことからも、見えるものがあります。心理学的なトリックも存在し、よく見れば分かってきます。
意外というか、当たり前というか、「受験に有利」と言われるもののなかに、いくつかの誤解が存在します。中学入試は大学進学において、また将来的に、すべての面で有利かというとそうでもないですし、実は高校入試に挑戦する方が有利なこともあります。
また、受験というチャレンジに対して、つい親は親の世代で常識だったことを当てはめて子供に対応しますが、時代も子どももどんどん変化していますから、同じ対応では処しきれません。特に、親が「高校受験」や「大学受験」に用いたスキルを子どもの「中学受験」に当てはめて、お互いにストレスをためてしまうこともしばしば。
全体的なことで言うと、こつこつと知識やスキルを教えてもらって反復し覚えるものを増やしていくというやり方より、現在ではいくつかの知識を知恵として新しい問題(応用問題)に対応していく能力を高く評価する傾向があります。「覚えるまでやりなさい!」と詰め込んでも、実際には点数が伸びず、お互いに「こんなにやっているのに」と疲労困憊することもしばしばです。
また、よい資質も子ども時代にしか育てられないものがいくつかあります。やる方がやらないよりマシとばかりにたくさん詰め込むと、育む時間が足りなくなることもあります。
この辺のこと、調べた結果の話などは、また改めてニュースレターにでも書こうと思います。
受験勉強に追われていたみなさん、とにかく本をたくさん読んで心と頭の栄養補給に勤めてくださいね。
posted by るみ先生 at 21:28| Comment(0) | 公開講座関連

2014年11月05日

目標を達成するには?

子供の目標はなぜうまくいかないのか、目標をどういう形で設定すればいいのか。継続には、達成には何が必要か。そんな講座を開きました。
和やかで楽しい会となりました。

その中で、もう少し強調してもよかったかな、と思ったのは、子供の目標設定に協力する際の注意点です。
子供が本当に自分でしたいことを目標にすること。子供はややもすると親〈周囲〉の期待に応えようとして、自分の願望を抑えがちです。その上で目標設定させると、「本当はしたいことをがまんした目標」になってしまいます。
日々の目標づくりには、大きな目標、どんな風に生きたいのか、ということがまず第一に出ます。そして、そのうえでどのようなことを身に付けたいのか、という二点目が出てきます。
大きな目標、いわゆる「夢」ですね、これはそうなることを考えるだけでわくわくしてくるようなことがいいです。「なんにでもなれるとしたら、何をどんなふうにしたい?」とか「なにをしているときか一番楽しい?」という質問が子供の「資質」もともと持っているよいもの、天性のなにか、を見つけ出すよい質問になります。そして、自分の楽しさが社会性を生み出すような設定を一緒に考えてあげることが大切です。
「お友達とおしゃべりしているときが一番楽しい!」と言っていたら、「あなたがおしゃべりすることが、周りの人を幸せにするような仕事ができればいいよね。何かのお店屋さんをする?」「ううん、私、看護師さんになって、元気のない人の元気になってあげたいなぁ」
なるほど。意外と、自分のことは自分で分かっているものなのですね。
「そっかあ、病気の人やけがをした人に、あなたが元気を分けてあげられたら、みんなすごく喜ぶね。『ありがとう』って言ってもらってる白いナース服を着たあなたが目に浮かぶよ。そうなるために、今から何かできることはあるかな」
そう、ここからが、目標づくり。
宿題しなさい、勉強しなさい、机に向かいなさい、ゲームがまんしなさい、テレビ見すぎない、こうした言葉がなぜ子供たちを動かさないのか、先日のリチャード・ボルスタッド先生のセミナー・ワークショップでとてもよくわかりました。夢を語る子供たちが、ほんとうにわくわくしたきらきらした目をしているかも、よく観察し、子供の言葉を引き出しながらでなければ、誰でも「自分で決めたこと」ができません。でも、自分が望んだ姿に少しずつ近づくのだと分かれば、努力も「いやな、がまんしなくてはならないこと」から変わってくるのではないでしょうか。
あと、親の方も自己実現しているか、なりたい自分に向かっているか、それもとても大切だと思います。子供に夢を聞いて、子供に自分の夢は何かと問い返されて少し戸惑うというCМがありましたね。子供には子供の人生がありますから、その実現は応援するにとどまり、自分の夢を着実に進め、それを定着させている親の姿、困難にぶつかっても修正しながらさらに可能性を広げて生きている、一人の人間の自己実現しながら生きる姿を見せるのも、すばらしい教育だと思います。
posted by るみ先生 at 15:18| Comment(0) | 公開講座関連